パソコンがタッチパネル対応になる!?「AirBar」

日常でパソコンを使っていて、ふと

タブレットやスマホみたいにタッチ出来たらなぁ


と思ったことありませんか?私は何度もあります。写真をスライドして見たりしたいときにタッチスクリーンだったらいいのになぁと。

そんなあなたの要望に答えてくれるモノがあるんです!

それはAirBar(エアバー)」というもの。

エアバーには磁石がついており、コンピューター自体を変えることなく、ノートブックやデスクトップのディスプレイの下に取り付けるだけでスクリーンにタッチ機能をつけてくれる優れモノなんです!

 

そんな優れモノがtakwind社さんから販売されております。

公式ページはこちらになります⬇︎

 

 

AirBarとは?

AirBarって何?

AirBar(エアバー)とはスウェーデンの企業が作ったもので普通のノートブックPCをタッチスクリーンに進化させてくれるもの。

ディスプレイ下部ベゼルに取り付けるだけで、スクロール、拡大縮小、スキップが可能になります。

 

 

AirBarの仕組み

光とセンサーにより指の位置を把握して、タッチスクリーンのように動作するという仕組み。

光とセンサーで動作するので指だけではなく、ペンはもちろん、ブラシ、手袋、箸など、どんなツールでもタッチ入力が可能なんです!

エンピツでもタッチが可能です。

 

 

 

製品特長

 

AirBar133 (13.3インチ対応)
価格 ¥12,980(税込)
マットブラック
サイズ(幅 x 高さ)

約325.0mm(幅) × 5mm(高さ)

対応OS

Windows 10

 

 

USB経由でノートパソコンに繋げるだけで自動的にドライバがインストールされ、すぐに使うことが出来ます。

 

13.3/14/15.6インチのサイズがサポートされ、様々な大きさのディスプレイに対応しています。

 

 

ツイッターのみんなの声

修論書く時にこれが欲しかった(´д`) タッチパネル非対応の画面をタッチで使えるのがめっちゃ便利

 

プロジェクターで小画面を投射したいんだけど可能なのかな?ピント合わせとか。15.6インチ16:9で机上に映し出せたらいいのにな。airbar使えそうじゃない?#プロジェクター #AirBar

 

 

パソコンをタブレット化すると色々なことが出来そうですね。プロジェクターに繋げるとさらにプレゼンの幅が拡がるかもしれません。

現在tekwind公式サイトにて販売しておりますので、気になる人は是非是非チェックしに行ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です