「놓다」「넣다」置くはどっち? 紛らわしい韓国語

いきなりですが、問題です。

  1. 「가을」「겨울」 はどっち?
  2. 「멋있다」「맛있다」 美味しいはどっち?

 

Aの正解は「가을」「겨울」は冬

Bの正解は「맛있다」「멋있다」はカッコいい

ばっと見、似ていますよね。

今回は韓国語初心者にとって、必ず覚えておきたい、間違えやすい単語を5つ紹介します。

「어제」と「언제」

さてどっちが「いつ」で、どっちが「昨日」でしょうか?

正解はすぐ下です。

では2問目。もうここから難しいです。

「작다」と「적다」

非常に似ていますね。Aのほうが耳にする機会は多いと思います。

では正解。

작다 – 작아요

  • 「사이즈가 작다」  サイズが小さい
  • 「가방이 작다」   カバンが小さい

적다 – 적어요

  • 「월급이 적다」   給料が少ない
  • 「양이 적다」    量が少ない

反対語も見てみましょう。

크다 ↔ 작다   大きい ↔ 小さい
많다 ↔ 적다   多い ↔ 少ない

 

第3問目いきましょう!

「놓다」と「넣다」

中級者でも間違いやすい「置く」と「入れる」

さてどっちがどっち!?

놓다 – 놓아요

  • 책상 위에 책을 놓다  机の上に本を置く

넣다 – 넣어요

  • 가방에 책을 넣다        かばんに本をいれる

どっちも発音「ノッタ」やん。と思われるかもしれませんが、韓国人が聞くと全く違う発音に聞こえます。

発音のポイントとしては、다」は口をすぼめて発音。

「넣다」は口に力をいれず、ぽかんと軽く開けて発音。

「잊어버리다」と「잃어버리다」

正解

잊어버리다 – 잊어버려요

  • 전화번호를 잊어버리다  電話番号を忘れる

잃어버리다 – 잃어버려요

  • 지갑을 잃어버리다    財布をなくす

 

では最後の問題です。

「뜨겁다」と「두껍다」

まず読めへんがなという方もいらっしゃると思うので、発音から。

Aはトゥを言う前に「小さいツ」を入れて発音してみましょう。
のどに力を入れて「ットゥ」を言った後、スムーズに「ゴッタ」

Bはトゥからスタートですが、トゥの直後に「小さいツ」を入れてください。「トゥッコッッタ」

はい。文字だけでは全然何言ってるかわからないですね。

とりあえず答え

뜨겁다 – 뜨거워요

  • 커피가 뜨겁다  コーヒーが熱い
  • 뜨거운 커피   熱いコーヒー

두껍다 – 두꺼워요

  • 책이 두껍다   本が分厚い
  • 두꺼운 책    分厚い本

反対語

뜨겁다 ↔ 차갑다     熱い ↔ 冷たい
두껍다 ↔ 얇다[얄따]  厚い ↔ 薄い

 

練習問題

練習問題です。

작다? 적다?

잊어버리다? 잃어버리다?

놓다? 넣다?

뜨겁다? 두껍다?

解答

작다 / 적다

人が多い/少ない 「사람이 많다 / 적다」

文字が大きい/小さい 「글씨가 크다 / 작다」

잊어버리다 / 잃어버리다

「약속을 잊어버리다(約束を忘れる)」「이름을 잊어버리다(名前を忘れる)」

놓다 / 넣다

놓다にすると、「砂糖を置く」になってしまいます。

뜨겁다 / 두껍다

飲み物だから뜨겁다

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です