「恥ずかしい」の韓国語|使い分けよう 4つの表現

「恥ずかしい」という言葉、日常会話で頻繁に登場しますよね!

 

韓国語では「부끄럽다」と表現しますが、これ以外にも様々な「恥ずかしい」の表現があります。

今回は状況によって適切な表現が言えるよう、それぞれの違いや使い分けについて解説しています。

 

【関連記事】
「ドキドキする」「緊張する」は韓国語で?トキメキ・緊張を表現するフレーズ

 

韓国語で「恥ずかしい」は?

恥ずかしい ①

プックロㇷ゚ッタ
부끄럽다


褒められた時や失敗して恥ずかしい時、自分自身を恥じる時など、부끄럽다はあらゆる場面で使われます。

   プックロウォヨ
• 부끄러워요.
   恥ずかしいです

 

プックロㇷ゚ッチ アナ
부끄럽지 않아?
恥ずかしくないの?

プックロウォソ ハンマディド モテッソヨ
부끄러워서 한 마디도 못 했어요.
恥ずかしくて一言も話せませんでした

チグㇺ ボニッカ プックロㇺネヨ
지금 보니까 부끄럽네요.
今見ると恥ずかしいですね

 

恥ずかしい②

チャンピハダ
창피하다


人前で失敗したり、恥をかいた時などに使う表現。

 

부끄럽다は「褒められて恥ずかしい」など、いい意味でも使われますが、창피하다は一般的に否定的な意味で用いられます。

 

また부끄럽다は「自分自身が恥ずかしい」と思う気持ちが強いですが、창피하다は他人に目を向けています。「他人に見られて恥ずかしい」「面目がつぶれる」といった意味合いが強いです。

   チャンピヘヨ
• 창피해요.
   恥ずかしいです

 

アッカ キレソ ノモジョンヌンデ ノム チャンピヘッソ
아까 길에서 넘어졌는데 너무 창피했어.
さっき道で転んでしまって、本当恥ずかしかった

ネガ クゴット モㇽラッタニ チョンマㇽ チャンピヘ
내가 그것도 몰랐다니… 정말 창피해.
そんなことも知らなかったなんて… 本当に恥ずかしい

チャンピヘソ オㇽグルㇽ トゥㇽッスガ オㇷ゚ッソヨ
창피해서 얼굴을 들 수가 없어요.
恥ずかしくて顔をあげられません

 

日常会話では창피하다を「챙피하다」(チェンピハダ)と言う人もいます。

これは正しい表現ではないので注意しましょう。

 

 

恥ずかしい③[スラング]

ッチョッパㇽリダ
쪽팔리다


「恥ずかしい」のスラングです。

若者言葉として知っておいたほうがいいですが、上品な言葉ではないので注意が必要です。

   ッチョッパㇽリョヨ
• 쪽팔려요.
   恥ずかしいです

 

クン ソリロ プルジマ ッチョッパㇽリョ
큰 소리로 부르지 마. 쪽팔려.
大声で呼ばないで 恥ずかしい

 

 

照れくさい

ッスㇰスロㇷ゚ッタ
쑥스럽다


日本語の「照れくさい」「気恥ずかしい」に当たる表現です。

何となく恥ずかしい時や褒められた時に使われます。

   ッスㇰスロウォヨ
• 쑥스러워요.
   恥ずかしいです

 

サラㇺドゥㇽ アペソ ノレル 
사람들 앞에서 노래를 

プルギガ チョㇺ ッスㇰッスロウォヨ
부르기가 좀 쑥스러워요.

人の前で歌を歌うのは

ちょっと気恥ずかしいです

ッスㇰスロウォソ チョアハンダヌン マルㇽ モテッソヨ
쑥스러워서 좋아한다는 말을 못 했어요.
照れくさくて好きだということを言えませんでした

 

 

その他の表現

顔が赤くなる

オㇽグリ ッパㇽゲジダ
얼굴이 빨개지다


「빨갛다」(赤い)に「~になる」という意味の「아/어지다」が付いた形。

   オㇽグリ ッパㇽゲジョッソヨ
• 얼굴이 빨개졌어요.
   顔が赤くなりました

 

プックロウォソ オㇽグリ ッパㇽゲジョッソヨ
부끄러워서 얼굴이 빨개졌어요.
恥ずかしくて顔が赤くなりました

 

恥ずかしがる

プックロウォハダ
부끄러워하다


부끄럽다に「~がる」という意味の「-아/어하다」が付いた形。

   プックロウォヘヨ
• 부끄러워해요.
   恥ずかしがります

 

ウェ クロケ プックロウォへ
왜 그렇게 부끄러워해?
何でそんなに恥ずかしがるの?

 

恥ずかしがり屋

プックロウムㇽ マニ タダ
부끄러움을 많이 타다


부끄러움は名詞で「恥ずかしさ」のこと。

타다の意味は「乗る」ですが、ここでは「ある刺激や影響を受ける」「受けやすい」の意味があります。

   プックロウムㇽ マニ タヨ
• 부끄러움을 많이 타요.
   恥ずかしがり屋です

 

ウリ アイガ プックロウムㇽ マニ タヨ
우리 아이가 부끄러움을 많이 타요.
うちの子供は恥ずかしがり屋です

 

 

韓国語で簡単な挨拶はできるのに、韓国に行っても「恥ずかしくてなかなか話せない」なんて人、多いと思います。

正しい韓国語を使おうとしなくても大丈夫。

通じなくても大丈夫。

めげない気持ちが大事です。

せっかく勉強しているのだから、思い切って声に出してみましょう。

 

「恥ずかしさ」を乗り越えると、意外と自然に自信が出てくるものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です