「~のために」「~するために」は韓国語で?위해서を使って表現してみよう

「~ために」は前の内容が後ろの内容の目的になる時に使用します。

日本語と同じように、前が名詞か動詞かによって付くものが変わります。

今回は「誰かのために何かをする」「目的のために頑張っている」時に使う表現を細かくお伝えしていきます。

「~のために」の韓国語

         ウㇽ/ル ウィヘソ          
名詞 + 을/를 위해(서)


을/를は日本語の「~を」に当たる助詞ですが、「~のために」の「~の」はこの을/를が付きます。

名詞の最後の文字にパッチムがある場合は「」ない場合は「」を付けます。

また위해서の서は省略して使う事もあります。

 

「友達のために」

  • 친구 + 를 위해

친구를 위해 (チングル ウィヘ)

친구の最後の文字にパッチムはないので「를」を付ける

 

「健康のために」

  • 건강 + 을 위해

건강을 위해 (コンガンウㇽ ウィヘ)

건강の最後の文字にパッチムがあるので「을」を付ける

-을/를 위해(서)
私のために ナル ウィヘソ
나를 위해(서)
君のために ノル ウィヘソ
너를 위해(서)
子供のために アイル ウィヘソ
아이를 위해(서)
夢のために ックムㇽ ウィヘソ
꿈을 위해(서)
成功のために ソンゴンウㇽ ウィヘソ
성공을 위해(서)
未来のために ミレル ウィヘソ
미래를 위해(서)
生活のために センファルㇽ ウィヘソ
생활을 위해(서)

 

カジョグㇽ ウィヘ ヨㇽシミ イルㇽ ヘヤヘヨ
가족을 위해 열심히 일을 해야 해요.
家族のために一生懸命働かなければなりません

コンガンウㇽ ウィヘソ アチㇺマダ ウンドンヘヨ
건강을 위해서 아침마다 운동해요.
健康のために毎朝運動しています

ックムㇽ ウィヘソ ノリョカゴ イッソヨ
꿈을 위해서 노력하고 있어요.
夢のために努力しています

 

「~のための」は「-을/를 위한」となります。

チョボジャル ウィハン クァンジャ
초보자를 위한 강좌
初心者のための講座

アイドゥルㇽ ウィハン チェッ
아이들을 위한 
子供たちのための本

 

 

「~するために」の韓国語

                           キ ウィヘソ              
動詞(語幹) + 기 위해(서)


名詞は「-을/를 위해서」「-기 위해서」は動詞の後に付きます。

  • 을 위해서
    夢のために
  • 꿈을 이루기 위해서
    夢を叶えるために

 

「するために」

  • 하 + 기 위해

 하기 위해 (ハギ ウィヘ)

 

「作るために」

  • 만들 + 기 위해

만들기 위해 (マンドゥㇽギ ウィヘ)

 

-기 위해(서)
行くために カギ ウィヘソ
가기 위해(서)
見るために ポギ ウィヘソ
보기 위해(서)
なるために テギ ウィヘソ
되기 위해(서)
旅行するために ヨヘンハギ ウィヘソ
여행하기 위해(서)
撮るために ッチッキ ウィヘソ
찍기 위해(서)
読むために イㇽッキ ウィヘソ
읽기 위해(서)

 

ヨヘンウㇽ ハギ ウィヘソ トヌㇽ モアヨ
여행을 하기 위해서 돈을 모아요.
旅行するためにお金を貯めます

トン モウギ ウィヘ アルバイトゥル シジャケッソ
돈 모으기 위해 아르바이트를 시작했어.
お金貯めるためにアルバイトを始めたの

ユハグㇽ カギ ウィヘソ ハングゴル コンブへヨ
유학을 가기 위해서 한국어를 공부해요.
留学に行くために韓国語を勉強しています

ハングゴ シㇽリョグㇽ ノピギ ウィヘ 
한국어 실력을 높이기 위해
韓国語の実力をUPさせるために

ハグォネ タニョヨ
학원에 다녀요.
教室に通っています

 

 

기 위해서は形容詞にはつきません。

形容詞の場合は「-아/어지다 ~になる」の形にすると付けることができます。

イェッポジギ ウィヘソ ソンヒョンススルㇽ ヘッソヨ
예뻐지기 위해서 성형수술을 했어요.
可愛くなるために整形手術をしました

アイドゥㇽグァ チネジギ ウィヘ
아이들과 친해지기 위해
子供たちと仲良くなるために

ケイムㇽ カチ ヘッソヨ
게임을 같이 했어요.
ゲームを一緒にしました

 

 

ここまで「~ために」について解説しました。

文法をきちんと使えるようになることはもちろん大切です。

しかし会話では多少の言い間違えは気にせず、堂々と話しましょう。間違えを恐れずどんどん話すことが上達への近道です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です