韓国語で「私」を表す言葉は2種類!【저と나の違い】

韓国語を習い始めると、どの教科書もハングルの次にまず出てくるのが「私」という単語ですよね。日本語で自分を表す言葉は「私、僕、俺」などがありますが、韓国語では「저(チョ)」「나(ナ)」の2種類しかありません。

これに「~は」「~の」などの助詞が付くと、短縮形などもあるのでややこしく感じる人もいます。しかし作り方としてはそんなに難しくはありません。

この記事では「저」と「나」の使い分けと、助詞が付いた場合の表現を例文を交えながら1つずつ解説していきます。

また韓国の文化を理解するにあたって、必ず覚えておきたい「ウリ」についても見ていきましょう。

【関連記事】「ニガ」って何?|韓国語で「あなた」の言い方

私「저」と「나」の違い

チョ





韓国語で自分を表す言葉は2種類あります。

「저(チョ)」は나よりも丁寧な言い方で、初対面や目上の人と話すときに使います。「나(ナ)」は友達や年下の前で使用します。家族や親戚など、親しい間柄では年上であっても나を使う場合が多いのですが、公式な場所では必ず「저」を使います。またどちらも男女関係なく使われます

チョヨ
요?
私ですか?

「私です」「私ですか?」と自分を示すときは、胸に手を当てたりします。
「-요?」はカジュアルな言い方で「~ですか?」

ナヤ
야.
僕だよ

나を使うとフランクな言い方になります。「-야」はパッチムのない名詞につき、「~だよ」という意味です。

「私は」「私が」「私の」などの韓国語表現

「私(僕)は」

チョヌン
저는

ナヌン
나는


「~は」にあたる助詞が「-는(ヌン)」です。

これらを短縮すると「전(チョン)」「난(ナン)」になります。

チョヌン イㇽボン サラミエヨ
저는 일본 사람이에요.
私は日本人です

ナヌン アンガ
나는 안 가.
私は行かないよ

「私(僕)が」

チェガ
제가

ネガ
내가


「~が」にあたる助詞が「-가(ガ)」です。

「-가」が付くと、前がそれぞれ「제」「내」に変わります。「저가」「나가」にならないように気をつけましょう。

チェガ タナカエヨ
제가 다나카예요.
私が田中です

ネガ
내가?
私が?

「私(僕)の~」

チェ



「~の」にあたる助詞が「-의(エ)」です。

「저의」「나의」の短縮形がそれぞれ「제」「내」となります。日常会話では短縮形のほうがよく使われます。

チェ イルムン パㇰッソヒョンイㇺニダ
이름은 박서현입니다.
私の名前はパクソヒョンです

ネ ヘンドゥポン モッパッソ
핸드폰 못 봤어?
私の携帯見なかった?

「私(僕)も」

チョド
저도

ナド
나도


「~も」にあたる助詞が「-도(ト)」です。

「도」を「두(トゥ)」と発音する人も多いですが、正しい表現ではありません。

チョド クレヨ
저도 그래요.
僕もそうです

ナド カㇽッケ
나도 갈게.
私も行くね

「私(僕)に」

チョエゲ チョハンテ
저에게/저한테

ナエゲ ナハンテ
나에게/나한테


「~に」にあたる助詞は2種類あります。

「-에게(エゲ)」は丁寧な言い方で、「-한테(ハンテ)」は口語でよく使われます。

チョエゲ チュセヨ
저에게 주세요.
私にください

ナハンテ チョナガ ワッソ
나한테 전화가 왔어.
私に電話が来た

「私(僕)と」

チョハゴ チョラン
저하고/저랑

ナハゴ ナラン
나하고/나랑


「~と」にあたる助詞は「-하고(ハゴ)」と「-랑(ラン)」
「-랑」は話し言葉で用いられます。

【参考】助詞「~と」の違いと使い分け

チョハゴ チネヨ
저하고 친해요.
私と仲がいいです

ナラン カチ カジャ
나랑 같이 가자!
僕と一緒に行こう!

「私(僕)を」

チョルㇽ
저를

ナルㇽ
나를


「~を」にあたる助詞が「-를」です。
短縮形は「절」「날」

対話では「-를」を省くことが多いです。

チョルㇽ トワジュセヨ
저를 도와주세요.
私を助けてください

ナルㇽ バ
나를 봐.
私を見て

必ず覚えておきたい「우리(ウリ)」という言葉

ウリ
우리
私たち
私たちの


ここで問題です。「私の家」は韓国語で何と言うでしょうか?

さきほど解説した通りだと「제 집」もしくは「내 집」となりますよね。

しかしネイティブが使う表現は実はこれではありません。「私たちの~」にあたる「우리」を使い、「우리 집(私たちの家)」と表現することが多いのです。
また「私の父」「私の会社」などと言う時にも「ウリ」を使います。

家族や仲の良い人、所属先の事を話す時は「제/내(私の~)」ではなく、「우리(私たちの~)」を使う傾向があります。

「個々として」よりも、韓国らしい仲間意識の強さを表していますよね。

例文を見ていきましょう。

ウリ チベ ノㇽロ オセヨ
우리 집에 놀러 오세요.
私の家に遊びに来てください

ヨギガ ウリ フェサヤ
여기가 우리 회사야.
ここが私の会社だよ

コマウォ ウリ アドゥㇽ
고마워. 우리 아들.
ありがとう 私の息子

  • 우리 엄마
    私のお母さん
  • 우리 학교
    私の学校
  • 우리 가족
    私の家族
  • 우리 언니
    私のお姉さん
  • 우리 남편
    私の夫

夫や妻、年上の彼氏のことを他人に話す時も「우리 오빠(ウリ オッパ)」「우리 와이프(ウリ ワイプ)」と言ったりします。これも日本語に訳すときは「私の~」と訳しましょう。

また韓国の人が「韓国は…」「韓国語は…」と話すときは「私たちの国は」「私たちの言葉は」と表現します。

  • 우리 나라
    私たちの国
  • 우리 나라 말
    私たちの国の言葉
  • 우리 나라 사람들
    私たちの国の人達

 

このページでは一人称代名詞「私」と「ウリ」の使い方について説明しました。

奥深い「우리」の世界…。
日本語と表現の仕方が違っていて面白いですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です