「ふりをする」は韓国語で?形容詞と動詞に分けて詳しく説明

「知らないふりをする」「泣いてるふりをする」「面白いふりをする」

今回はそうでないにも関わらず、そうであるかのように振舞う時に使われる「~ふりをする」について詳しくご紹介していきます。

品詞によって付くものが変わるので、動詞・形容詞・名詞に分けてみていきましょう。

動詞

現在形「~するふりをする」

動詞 + 는 척하다


動詞(語幹)の最後にパッチムがあってもなくても-는 척하다が付きます。
※語幹 : 基本形 -다の前の部分

 

「寝るふりをする」

자다(寝る)

  • 자 + 는 척하다

자는 척하다 (チャヌン チョカダ)

 

「食べるふりをする」

먹다(食べる)

  • 먹 + 는 척하다

 먹는 척하다 (モンヌン チョカダ)

 

-는 척하다
知らない
ふりをする
(모르다:知らない )
モルヌン チョカダ
모르는 척하다
知っている
ふりをする
(알다:知る )
アヌン チョカダ
아는 척하다
好きな
ふりをする
(좋아하다:好きだ)
チョアハヌン チョカダ
좋아하는 척하다
聞いている
ふりをする
(듣다:聞く)
トゥンヌン チョカダ
듣는 척하다

※ 알다のように語幹の最後にㄹのパッチムがある場合は、ㄹをとり는つけます。

 

クニャン モルヌン チョケ ジュセヨ
그냥 모르는 척해 주세요.
もう知らないふりをしてください

   アイガ チャナ バヨ
A 아이가 자나 봐요.
  子供が寝ているようです

   アニョ チャヌン チョカヌン ゴエヨ
B 아니요, 자는 척하는 거예요.
  いえ、寝てるふりをしてるんですよ

チャㇽラン チョカジマ
잘난 척하지 마.
偉そうにしないで

잘나다の意味は「えらい」「優れている」

잘난 척하다で「えらそうにする」「恰好付ける」という意味になります。

 

 

過去形「~したふりをする」

動詞(パッチムなし) + ㄴ 척하다


動詞(パッチムあり) + 은 척하다


動詞(語幹)の最後にパッチムがない場合は-ㄴ 척하다, パッチムがある場合は-은 척하다をつけます。
※語幹 : 基本形 -다の前の部分

 

「飲んだふりをする」

마시다(飲む)

  • 마시 + ㄴ 척하다

 마신 척하다 (マシン チョカダ)

 

「食べたふりをする」

먹다(食べる)

  • 먹 + 은 척하다

 먹은 척하다 (モグン チョカダ)

 

-(으)ㄴ 척하다
酔ったふりをする
(취하다:酔う )
チュイハン チョカダ
취한 척하다
怒ったふりをする
(화가 나다:怒る )
ファガナン チョカダ
화가 난 척하다
死んだふりをする
(죽다:死ぬ)
チュグン チョカダ
죽은 척하다
読んだふりをする
(읽다:読む)
イㇽグン チョカダ
읽은 척하다

 

イㇽブロ ノㇽラン チョケッチ
일부러 놀란 척했지?
わざと驚いたふりをしたでしょ?

アンチュィヘンヌンデ チュィハン チョケッソ
안 취했는데 취한 척했어요.
酔ってないのに酔ったふりをしました

モッ トゥルン チョカㇽッケ
못 들은 척할게.
知らんぷりしておくね

 

 

形容詞 – 現在形

形容詞(パッチムなし) + ㄴ 척하다


形容詞(パッチムあり) + 은 척하다


形容詞(語幹)の最後にパッチムがない場合は-ㄴ 척하다, パッチムがある場合は-은 척하다をつけます。

 

「痛いふりをする」

아프다(痛い)

  • 아프 + ㄴ 척하다

 아픈 척하다 (アプン チョカダ)

 

「多いふりをする」

많다(多い)

  • 많 + 은 척하다

 많은 척하다 (マヌン チョカダ)

 

「面白いふりをする」

재미있다(面白い)

  • 재미있 + 는 척하다

 재미있는 척하다 (チェミインヌン チョカダ)

※있다,없다には「-는 척하다」がつきます。

-(으)ㄴ 척하다
可愛いふりをする
(예쁘다:可愛い )
イェップン チョカダ
예쁜 척하다
悲しいふりをする
(슬프다:悲しい )
スㇽプン チョカダ
슬픈 척하다
大丈夫な
ふりをする
(괜찮다:大丈夫だ)
クェンチャヌン チョカダ
괜찮은 척하다
良いふりをする
(좋다:良い)
チョウン チョカダ
좋은 척하다

 

キブニ アンジョウン チョケッソヨ
기분이 안 좋은 척했어요.
気分がよくないふりをしました

カギ シロソ アプン チョカヌン ゴ アニジ
가기 싫어서 아픈 척하는 거 아니지?
行きたくなくて痛いふりしてるわけじゃないよね?

コッチョンハㇽッカバ ケンチャヌン チョケッソ
걱정할까 봐 괜찮은 척했어.
心配するかと思って大丈夫なふりをしたの

 

 

名詞

名詞 + 인 척하다


名詞には「-인 척하다」が付きます。

 

「ばかなふりをする」

바보(ばか)

  • 바보 + 인 척하다

 바보인 척하다 (パボイン チョカダ)

 

-인 척하다
友達のふりをする
(친구:友達 )
チングイン チョカダ
친구인 척하다
他人のふりをする
(다른 사람:他人, 他の人)
タルン サラミン チョカダ
다른 사람인 척하다
学生のふりをする
(학생:学生)
ハㇰセンイン チョカダ
학생인 척하다

 

ウェ パボイン チョカヌン ゴヤ
바보인 척하는 거야?
なんでバカなふりをするの? 

ハㇰセンイ アニジマン ハㇰセンイン チョケッソヨ
학생이 아니지만생인 척했어요.
学生ではないのに学生のふりをしました

 

品詞によって付くものが変わるので、少しややこしく感じるかもしれません。

慣れるまでは「この単語には何がつくかな?」とじっくり考えて、ご自身で例文を作って練習してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です